お知らせ・ブログ

HOME > お知らせ・ブログ > 新人WEBデザイナーの成長記 > 恐るべし、鱗!

DESIGNER新人WEBデザイナーの成長記

恐るべし、鱗!

「明朝体は可読性が高く、目が疲れない」と言われますが、そうですか?福田です。
明朝体の横線の終わりに付いている謎の三角形は
逆に文字を読みにくくしている気がしてしまいます。↓
 うろこ

そもそも何の為の三角形なのか。
あの三角形について調べてみました。

 

あの三角形の本名は「鱗(うろこ)」。
語源は日本の伝統的な「鱗模様」の三角形から。↓

もともとは、楷書におけるトン・スー・トンの最後のトンを様式化したもの。

存在意義は
①デザインの上でメリハリをつける
②水平な横線を右肩上がりに錯覚させ、書き文字の雰囲気を醸す
③印刷時、かすれて横線が飛んだ時に線の終わりを示す

確かに、鱗があれば横線を消してもあるっぽく見えます。
 

鱗があるから明朝体の横線はあんなに細くいられるのですね。
横線が細いから太い明朝体もスマートでいられる。

恐るべし、鱗。

ちなみに、ウェブブラウザなどでは画面の解像度の制約により、鱗がギザギザに表示されてしまう為、ゴシック体が広く用いられるのだそうです。

勉強になりました。明日から鱗の見方が変わりそうです。

カレンダー
2017年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
最近の投稿
お問い合せ TEL:0276-60-5440(受付時間:10:00~LAST)/メールのお問い合せはこちら(受付時間:24時間) メールでのお問い合せはこちら

【打ち合わせ等で出張可能な地域】

群馬県

栃木県

埼玉県

茨城県

日本全国どこでも受注可能です。

※上記以外の地域でも、案件の内容によっては出張打ち合わせが可能な場合もあります。お気軽にご相談ください。

ホームページ制作 WEBシステム開発 株式会社ディーアイシー 携帯サイト

お問い合せ

お電話:0276-60-5440

メール:お問い合せフォームはこちら

メールでのお問い合せはこちら