お知らせ・ブログ

HOME > お知らせ・ブログ > WEBクリエイターブログ > DNSレコードについて

CREATORWEBクリエイターブログ

DNSレコードについて

前回、DNSの基本概念について書きましたが、今回は少し突っ込んでDNSの登録情報「レコード」について書きたいと思います。

DNSレコード

DNSに登録する情報をレコードと呼びます。レコードにはいくつか種類があります。以下に主なレコードの種類を挙げます。

A ホスト名に対するのIPアドレス
AAAA ホスト名に対するのIPアドレスなのですが、こちらはIPv6のアドレスを指定するレコードです。
PTR IPアドレスに対するホスト名
SOA 管理者のメールアドレスなどのゾーン情報
NS DNSサーバのホスト名
MX メールサーバのホスト名
CNAME ホスト名の別名
HINFO ホストのOSやハードウェア情報など
TXT ホストのテキスト情報

A/AAAAレコード

ホスト名に対するIPアドレスが定義されています。ホスト名からIPアドレスを求める正引きの際に参照されるレコードです。

PTRレコード

IPアドレスに対するホスト名が定義されています。IPアドレスからホスト名を逆引きする際に参照されるレコードです。
SOAレコードにはSERIAL:シリアルナンバー、REFRESH:ゾーン情報のリフレッシュ間隔、RETRY:リフレッシュの再試行間隔、EXPIRE:ゾーン情報の有効期限、ドメイン管理者のメールアドレスなどが記述されています。
ゾーンファイルでは@マークが使えないのでドメイン管理者メールアドレスには「@」の代わりに「.」で表記されています。

SOAレコード

管理者のメールアドレスやゾーン情報の有効期限などが定義されているレコードです。

NSレコード

そのドメインに権威があるネームサーバのホスト名が定義されています。

MXレコード

そのドメインに属するメールサーバのホスト名が定義されています。

CNAMEレコード

ホスト名の別名が定義されています。

HINFOレコード

ホストのOSやハードウェア情報などが定義されていますが、無駄な情報な上に脆弱性につながりかねないので使われることはあまりありません。

TXTレコード

ホストのテキスト情報が定義されています。例えば詐称メール対策の「SPF:Sender Policy Framework」ではTXTレコードを使用して真正性を明らかにしています。

> set type=txt
> google.com
サーバー:  google-public-dns-a.google.com
Address:  8.8.8.8

権限のない回答:
google.com      text =

        "v=spf1 include:_spf.google.com ~all"

nslookupコマンドでDNSサーバに問い合わせる

以上が主なDNSレコードです。
上記を踏まえてnslookupコマンドでDNSサーバに問い合わせをしてみましょう。

nslookupとは

nslookupとは多くのOSで使用できるネットワーク管理のためのコマンドラインベースのDNSクライアントツールです。殆どのWindowsOSに標準でインストールされており、コマンドプロンプトから利用可能です。Unix系OSで使用できるDNSクライアントツールとしてはdigコマンドやhostコマンドなどが挙げられます。ちなみにdigはWindows版も存在します。http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1410/20/news122.html
多くのWindows環境で使えるnslookupコマンドはdigコマンドより少々劣りはしますが、高性能なDNSクライアントツールです。

nslookupの起動

nslookupの起動はコマンドプロンプトでnslookupと打つだけです。引数でドメイン名やIPアドレスや取得するレコードを指定できます。
引数を付けずに実行するとインタラクティブに操作ができます。

> nslookup

nslookup1

実際にnslookupコマンドを使用して名前解決の様子を見てみましょう。

google.comのIPアドレスを求める(正引き)

nslookupのプロンプトに名前解決したいドメイン名を入力するとそれに対応するIPアドレスが表示されます。

> google.com

nslookup2

IPアドレスからホスト名を求める(逆引き)

nslookupのプロンプトに名前解決したいドメイン名を入力するとそれに対応するIPアドレスが表示されます。

> 216.58.200.206

nslookup3

nslookupコマンドでレコード別に情報を取得する

MXレコードを取得
nslookupで取得するレコードを選択するには「set type=レコードタイプ」を入力します。
以下はMXレコードを問い合わせることでgoogle.comのメールサーバを取得しています。

> set type=mx
> google.com

nslookup5

NSレコードを取得
以下はgoogle.comのネームサーバのホスト名を特定しています。

> set type=ns
> google.com

nslookup4

問い合わせ先ネームサーバを変更

問い合わせるネームサーバを変更するには「server サーバ名」を入力します。
次の例では問い合わせDNSサーバをgoogle.comのネームサーバに指定してset type=anyで全てのレコードを取得しています。

> server ns1.google.com
> set type=any
> google.com

nslookup6

まとめ

この記事ではnslookupコマンドによって実際にDNSサーバに問い合わせるデモを解説してみました。DNSに問い合わせるとドメインに属するサーバの関係性や、そのサーバを管理している会社が分かったりと様々な有益な情報が得られます。これらの情報はサーバ移管やドメイン変更の際などにきっと重宝することでしょう。

カレンダー
2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
最近の投稿
お問い合せ TEL:0276-60-5440(受付時間:10:00~LAST)/メールのお問い合せはこちら(受付時間:24時間) メールでのお問い合せはこちら

【打ち合わせ等で出張可能な地域】

群馬県

栃木県

埼玉県

茨城県

日本全国どこでも受注可能です。

※上記以外の地域でも、案件の内容によっては出張打ち合わせが可能な場合もあります。お気軽にご相談ください。

ホームページ制作 WEBシステム開発 株式会社ディーアイシー 携帯サイト

お問い合せ

お電話:0276-60-5440

メール:お問い合せフォームはこちら

メールでのお問い合せはこちら