ブログ

飲食店ホームページは必要だと考える4つの理由と店舗アプリ活用

投稿日:
2023.01.23
カテゴリー:

飲食店はホームページを持つ必要性があるか、ないか。
答えは「ある」です。
その理由を分かりやすくご説明します。

理由①公式ホームページがあるという信頼性
理由②SNSとの連携
理由③ブランディングと差別化
理由④採用面でのプラス効果
飲食店が行うべきこれからの集荷戦略/店舗アプリの可能性

理由①公式ホームページがあるという信頼性

飲食店がホームページを持たない理由は様々ありますが、その理由の一つが「食べ物系ポータルサイトの充実」です。
例えば「食べログ」のようなグルメサイトが、ある意味、飲食店のホームページ代わりとして、お店の情報やメニュー、写真や店舗所在地などを紹介してくれました。
そのため「あえて公式のホームページを持つ必要がない」というのが実情でした。
しかし、お店のランク付けに不正が発覚して信憑性を疑われたり、Google検索自体に「お店を検索する・レビューする」といった機能が付属したことで、ユーザーの「グルメサイト離れ」が起こるようになりました。
そうなると、飲食店が公式ホームページを持ち、信頼できる情報をしっかりと発信していくことに、価値が生まれることになりました。
お客様にとっては、「お店の公式ホームページの情報なら間違いがない」という安心感があります。
どこの誰とも分からない他社のレビューや評価より、お店からの公式情報の方が真実味があるというのは、当然の話です。

理由②SNSとの連携

何度もお店を訪れてくれるリピーターの存在が重要となる飲食店にとっては、素早く気軽に情報を発信できるSNSは使い勝手の良いツールです。
FacebookやTwitter、Instagramなど各SNSを効果的に使い、それらを連携させる「ハブ」の役割をするのが公式ホームページです。
誰もがすべてのSNSを使っている訳ではなく、年代や性別などによって、人気のSNSは異なります。
様々な客層に効果的なPRをするなら、お店側はできるだけ多くのSNSを駆使して宣伝活動をしなければなりません。
それをまとめる中心的なメディアとして、公式ホームページは活用できます。
情報の発信元は、すべて公式ホームページにして、その情報を各SNSで拡散する。
そしてSNSで情報を得たお客様は、リンクをたどって公式ホームページを訪れる。
ホームページとSNSを組み合わせることによって、そういった「お客様を呼び込む流れ」を生み出すことが可能になります。

理由③ブランディングと差別化

飲食店が人気のお店となり、長く営業を続けていくには「ブランディング」が欠かせません。
スターバックスはなぜ人気なのか?それは「スターバックスというブランド」に対する信頼と好意があるからに他なりません。
個人で開業した飲食店でも、美味しいお店だと評判になり、常連のお客様が増え、その素晴らしさが広く知られるようになれば、そのお店は「ブランディング」に成功したということになるでしょう。
今や、一般企業でもサービスでも「公式ホームページ」があることは当たり前の時代です。
飲食店も効率的なPRとブランディングを行うならば「ホームページを持っているのが当たり前」と考えるべきです。
そこで重要なのが、ライバル店の動向です。
「あのライバル店はホームページを持っていないから、うちもなくて良いだろう?」
それが大きな間違い。
ライバル店がホームページを持っていないからこそ、自分のお店に公式ホームページがあれば、それが明確な「差別化」につながるのです。

理由④採用面でのプラス効果

飲食店を含めて、どの業態でも人材不足が深刻な問題になっています。
飲食店の場合、店舗スタッフはアルバイトやパートの職員が多いですが、複数の店舗をチェーン展開するような企業体となると、事業の中枢を担う正社員も採用することになります。
その場合、各種求人サイトや求職説明会などを活用して採用を行いますが、ほとんどの場合、求職者は自分が勤務することになる会社や店舗のホームページを詳細に読み込んだ上で応募をします。
労働環境はどうなのか、どんな店舗やサービスを運営しているのか、経営者はどんな理念を持っているのか。
優秀な人材ほど、企業やお店のホームページを見ることで、その「価値」を見定めているのです。
つまり、ホームページの良し悪しが採用活動にも影響を与えるということです。
特に「飲食店経営」を行っている企業にとっては、コーポレートサイトや採用サイトが必要不可欠なツールになると考えられます。

飲食店が行うべきこれからの集荷戦略/店舗アプリの可能性

スマートフォンで情報を検索し、電子マネーで決済をするのが当たり前になった時代。
飲食店を利用するユーザーの行動の中心には、常に「スマホ」があります。
このスマホを有効活用する「店舗アプリ」が活躍しています。

「店舗アプリ」は、集客や各種運営コストの削減、リピーター拡大などを手助けしてくれるツールです。

プッシュ通知でお客様にお店の情報を直接送ったり、クーポンの発行、予約受付、ポイント付与、スタンプカード、会員カードなど、様々な便利な機能が一つにまとまっています。

ユーザーの行動パターンを分析したり、顧客管理も行えるなど、店舗運営をサポートしてくれるサービスを簡単に利用できることが大きな特徴です。

ディーアイシーでは、飲食店を運営する企業様のコーポレートサイト・採用サイト等のホームページ制作はもちろん、店舗アプリ等を用いた集客・広告宣伝のサポートも承っております。

ぜひお気軽にご相談ください。

弊社サービスへのリンク

ホームページ制作
https://www.d-ic.com/service/home-page

取材、ライティング
https://www.d-ic.com/service/home-page#writing

写真撮影、ドローン撮影
https://www.d-ic.com/service/home-page#filming

Googleストリートビュー・360度ビュー
https://www.d-ic.com/service/street-view

お問い合わせ・無料見積もり

代表の木村です!
ホームページ制作に関するご相談・ご質問は、
こちらからお問い合わせください。
TEL 0276-60-5440
【平日】10:00~18:00
Zoom(オンラインでのビデオ電話ツール)によるお問い合わせも承ります。
ホームページ作成
対応地域
太田市から車で
1時間30分程度まで
※その他の栃木県については、宇都宮のWEB制作会社『スパイラルアップ』をご利用ください。
※当社お客様からのご紹介の場合は、エリア外でも対応可能なケースもございます。お問い合わせください。
新型コロナウイルス感染症への取り組みについて はこちらをご覧ください。