ブログ

ホームページの常時SSL化とは?「https」に変える必要性とその手順

投稿日:
2022.03.25
カテゴリー:

インターネットの利用が一般的になったことで注目されているのが「常時SSL化」という言葉。
「SSL」とはどのようなものなのか、導入するメリットや手順など、気になる部分を解説します。

①SSLとは何か
②SSL導入のメリットと必要性
③SSL未導入のデメリット
④自社ホームページにSSLを導入する手順

SSLとは何か

SSLとはSecure Sockets Layerの略称です。
ホームページとそれを閲覧している人の間で行われるデータ通信を「暗号化」するための技術です。
SSLが導入されているホームページは、URLの頭に「https」という文字列が表記されます。
(SSL非導入の場合はhttpのみ)

SSL導入のメリットと必要性

なぜSSL=暗号化が必要なのか。
それはインターネットを利用している人の個人情報など、大切な情報を守り、安全にデータ通信を行うためです。

インターネットやネットショッピングなどが一般的になり、各サービスへのログイン情報や登録したクレジットカード情報などをインターネット上でやりとりすることが増えています。
そういったインターネット上にある重要な個人情報を盗み見たり、乗っ取ったりといった悪意のある行為も同時に増加しつつあり、そういった危機からユーザーを守るためのセキュリティが必要になっています。
その基本的な取り組みの一つが「SSL」ということになります。

企業がホームページにSSLを導入するメリットは以下のようなものです。

①不正なアクセスや情報改ざん・漏洩を防ぐ

悪意あるクラッカーなどによる不正アクセスによって、ホームページの内容を改ざんされてしまったり、やり取りのあるユーザーやお客様の個人情報が漏洩したりといったトラブルを防ぐための対策になります。

②なりすまし、フィシング詐欺対策

SSLをしっかりと設定しておくことで、「SSLサーバー証明書」を利用し「本当のホームページ」と「偽物のホームページ」を判別することができます。
それによって、なりすましやフィッシング詐欺といった悪質な行為からユーザーを守ることができます。

③Googleの評価が上がる

日本の検索エンジンの大部分を占めるGoogleは「SSL対策の有無」が検索順位に影響を与えることを明言しています。
どれだけの効果があるかは未知数ですが、SSLを導入していた方が有利であることは間違いありません。

SSL未導入のデメリット

人気ブラウザのGoogleChromeでは、常時SSL化されているサイトは、ドメインの隣に「錠前マーク」が付くことになります。
これが「安心なホームページですよ」という証明になります。
逆に、SSLが導入されていないサイトは、セキュリティ対策が不十分と認定され、「このホームページは安全ではありません」といった警告が表示されてしまいます。
「安全ではないホームページ」と表示されてしまうと、企業やサービスの信用問題に関わってきますので、大きな問題・デメリットになります。

自社ホームページにSSLを導入する手順

SSLには様々な種類があります。
無料で利用できるものもあれば、導入するために費用が必要になるものもあります。
有料だから、より強力な暗号化技術が使われている訳ではなく、基本的な効果に違いはありません。
一般的には、無料版のSSLを導入していれば十分であると言えます。

多くのレンタルサーバーなどで、無料SSLサービスを提供しており、その手続きも決して難しいものではありません。

しかし、常時SSL化したことにより、ドメインの変更や各種リンクアドレスの変更など、細かなメンテナンスも必要になります。
サーバーの設定は、一度間違えると、ホームページが表示されなかったり、最悪、データが消えてしまったりといったトラブルが発生する可能性がありますので、「ホームページの常時SSL化作業」については、ホームページ制作専門会社に委託してしまうのが、間違いありません。

弊社サービスへのリンク

SEO対策・集客サポート
https://www.d-ic.com/service/support

お問い合わせ・無料見積もり

代表の木村です!
ホームページ制作に関するご相談・ご質問は、
こちらからお問い合わせください。
TEL 0276-60-5440
【平日】10:00~18:00
Zoom(オンラインでのビデオ電話ツール)によるお問い合わせも承ります。
ホームページ作成
対応地域
太田市から車で
1時間30分程度まで
※その他の栃木県については、宇都宮のWEB制作会社『スパイラルアップ』をご利用ください。
※当社お客様からのご紹介の場合は、エリア外でも対応可能なケースもございます。お問い合わせください。
新型コロナウイルス感染症への取り組みについて はこちらをご覧ください。